ホーム > 各種マニュアル | サポート > Microsoft Outlook Express 6

Outlook Express 6の設定

POP over SSLを使う場合はこちら SMPT SSLを使う場合はこちら
初期設定では「admin」「postmaster」「webmaster」というメールアドレスが用意されています。その他のメールアドレスをお使いになりたい場合は、あらかじめ、コントロールパネルでメールアドレスを作成しておいてください。コントロールパネルでのメールアドレスの作成方法は、「サービス利用ガイド」をご参照下さい。

以下の情報が必要になりますので、ご用意の上、設定してください。

UNIXアカウント 例 : abc1200
UNIXパスワード
POPサーバー名 例 : pop.example.que.jp
SMTPサーバー名 例 : smtp.example.que.jp
STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
OutlookExpressを起動します。
[[ツール]メニューのアカウント]を開きます。
アカウントウィザード画面が表示されます。
[[追加]ボタンで「メール」を選択します。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
[表示名]に、分かりやすい任意の文字列を入力し、[次へ]をクリックします。ここで入力した文字列が、送信者名として表示されることになります。
STEP.3
[電子メールアドレス]に、コントロールパネルで作成したメールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。
STEP.4
[受信メールサーバー][送信メールサーバー]に、ホスティングサービス設定完了通知メールに記載されているサーバー名を入力し、[次へ]をクリックします。
STEP.5
[アカウント名]に、UNIXアカウントを、[パスワード]にUNIXパスワードを入力して、[次へ]をクリックします。
STEP.6
[完了]をクリックしてウィザードが終了します。続いて、送信メールサーバーの認証設定および、ポート番号のを行います。
先ほど作成したアカウントを、一覧から選択して[プロパティ]をクリックします。

STEP.7
プロパティが開いたら、[サーバー]タブをクリックし、[このサーバーは認証が必要]のチェックをオンにします。
STEP.8
[設定]をクリックします。
[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]をチェックします。

※ コントロールパネルでUNIXパスワードとAPOPパスワードを異なるパスワードに設定している場合は、[次のアカウントとパスワードでログオンする]を選択して、アカウント名とパスワードを入力してください。

STEP.9
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
[OK]をクリックします。
[詳細設定]タブをクリックして、[送信メール]のポート番号を[587]に変更します。
[OK]をクリックします。
[閉じる]をクリックして、アカウントの一覧を閉じます。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

Outlook Express 6の設定(POP over SSLを使う場合)

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
メニューバーから「ツール」→「アカウント」を選んでインターネットアカウント画面にします。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
続いて「メール」のタブをクリックします。
STEP.3
SSL対応させるアカウントを選択し、右のボタンの「プロパティ」をクリックします。
STEP.4
「詳細設定」のタブをクリックします。
STEP.5
「このサーバはセキュリティで臍された接続(SSL)が必要」のチェックボックスをクリックします。

受信メール(POP3)の欄が995になったことを確認し、OKを押します。

STEP.6
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
サーバー」のタブをクリックします。 「受信メール(POP3)」の欄に、「収容メールサーバ名」を入力します。

 「OK」をクリックして設定は完了です。

※こちらの変更を行わないと、メール確認の際、警告がでますのでご注意下さい。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

Outlook Express 6 の設定(SMTPのSSL対応設定)

この例では Windows版 での画面を用いています。

SMTPのSSL対応はSMTP認証を使用している場合にのみご利用いただけます。

 以降の説明は既にSMTP認証の設定がされているものとして解説いたします。

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
Outlook Express 6でSMTPをSSL対応にしたメール送信の設定をします。

 Outlook Expressの設定変更をします。

 メニューバーから「ツール」→「アカウント」を選んでインターネットアカウント画面にします。

 「サーバー」タブをクリックして「送信メール(SMTP)」の入力欄に「smtp1.inetd.co.jp
(激安プランのお客様は「smtp2.inetd.co.jp」)と入力します。

※こちらの変更を行わないと、メール確認の際、警告がでますのでご注意下さい。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
続いて「詳細」のタブをクリックします。

 「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。

「OK」をクリックして設定は完了です。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

ホーム > 各種マニュアル | サポート > Microsoft Outlook Express 6

パスワードを忘れててしまった場合の回答はこちら
メールが送受信できない場合の回答はこちら
公開したホームページが見れない、公開できない場合の回答はこちら
サイト内検索

▲ このページトップへ