ホーム > 各種マニュアル | サポート > ThunderBird11

ThunderBird11の設定

ThunderBird11のアカウント追加 ThunderBird11の設定(SSLを使う場合)
以下の情報が必要になりますので、ご用意の上、設定してください。

UNIXアカウント 例 : abc1200
UNIXパスワード
POPサーバー名 例 : pop.example.que.jp
SMTPサーバー名 例 : smtp.example.que.jp
STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
Thunderbirdを起動します。
Thunderbirdの初回起動時はアカウント設定のウィザードが表示されます。
「あなたの名前」に送信者の名前を、「メールアドレス」にコントロールパネルで設定したメールアドレスを、「パスワード」にUNIXアカウントのパスワードを入力して「続ける」のボタンを押します。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
自動でサーバ名が入りますので「編集」のボタンを押して下さい。
STEP.3
赤枠の部分を画像の入力・変更して下さい。アカウント名とサーバ名はお客様のものをご指定下さい(画像は例です)。
入力が完了したら「設定を再テスト」のボタンを押して下さい。
ポート番号は次のように変更して下さい。
【受信サーバのポート番号】
 110

【送信サーバのポート番号】
 587

STEP.4
設定に問題なければ「アカウント作成」のボタンを押して下さい。
STEP.5
SSLを利用しませんので、サーバとの通信が暗号化されないという警告画面が出ます。
十分にご理解頂いたうえでチェックをつけ「アカウント作成」のボタンを押して下さい。

これで設定は完了です。

ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

ThunderBird11のアカウント追加

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
Thunderbirdを起動します。
メニューから「ツール」→「アカウント設定」を選んで下さい。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
メニューから「アカウント操作」のボタンから「メールアカウントを追加」を選んで下さい。

以降はこちらからご参照下さい。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

ThunderBird11の設定(SSLを使う場合)

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
Thunderbirdを起動します。
Thunderbirdの初回起動時はアカウント設定のウィザードが表示されます。
「あなたの名前」に送信者の名前を、「メールアドレス」にコントロールパネルで設定したメールアドレスを、「パスワード」にUNIXアカウントのパスワードを入力して「続ける」のボタンを押します。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
自動でサーバ名が入りますので「編集」のボタンを押して下さい。
STEP.3
赤枠の部分を画像の入力・変更して下さい。アカウント名はお客様のものをご指定下さい(画像は例です)。
サーバ名は次のようにご指定下さい。

【受信サーバの名前】
 収容サーバ名を入力してください。
 (コントロールパネルにログインすると確認できます)

【送信サーバの名前】
 ・Lightプラン/Powerプラン/Bizプランのお客様:smtp1.inetd.co.jp
 ・激安プラン/激安Plusプランのお客様:smtp2.inetd.co.jp

ポート番号は次のように変更して下さい。
【受信サーバのポート番号】: 995

【送信サーバのポート番号】: 587

接続方式は次のように変更して下さい。
【受信サーバの接続方式】 : SSL/TLS

【送信サーバの接続方式】: STARTTLS

入力が完了したら「設定を再テスト」のボタンを押して下さい。

STEP.4
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
設定に問題なければ「アカウント作成」のボタンを押して下さい。

これで設定は完了です。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

ホーム > 各種マニュアル | サポート > ThunderBird11

パスワードを忘れててしまった場合の回答はこちら
メールが送受信できない場合の回答はこちら
公開したホームページが見れない、公開できない場合の回答はこちら
サイト内検索

▲ このページトップへ