ホーム > 各種マニュアル | サポート > Winbiff

Winbiff の設定

POP over SSLを使う場合はこちら SMPT SSLを使う場合はこちら
初期設定では「admin」「postmaster」「webmaster」というメールアドレスが用意されています。その他のメールアドレスをお使いになりたい場合は、あらかじめ、コントロールパネルでメールアドレスを作成しておいてください。コントロールパネルでのメールアドレスの作成方法は、「サービス利用ガイド」をご参照下さい。

以下の情報が必要になりますので、ご用意の上、設定してください。

UNIXアカウント 例 : abc1200
UNIXパスワード
POPサーバー名 例 : pop.example.que.jp
SMTPサーバー名 例 : smtp.example.que.jp

新しいユーザーを作成する場合の手順を紹介します。すでにお使いのユーザー情報を修正する場合は、[ツール]メニューの[プロパティ]でプロパティを開き、以下で説明する内容を修正してください。

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
Winbiffを起動します。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.2
[ユーザー]メニューの[新しいユーザーを作成]をクリックします。
STEP.3
ウィザードが起動します。[次へ]をクリックします。
STEP.4
[POP3]を選択して、[次へ]をクリックします。
STEP.5
POPサーバー、SMTPサーバーのホスト名に、ホスティングサービス設定完了通知メールに記載されているサーバー名を入力して[次へ]をクリックします。
STEP.6
ログイン名に、UNIXアカウントを入力します。
STEP.7
メールアドレスに、コントロールパネルで作成したメールアドレスを、本名にFromに表示する文字列を入力して[次へ]をクリックします。
STEP.8
メールデータを保存するディレクトリを指定して[次へ]をクリックします。
STEP.9
ネットワークの接続方法を選択して、[次へ]をクリックします。
STEP.10
サーバーにメールを[残さない]を選択して、[次へ]をクリックします。
STEP.11
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
設定に分かりやすい名前をつけて、[次へ]をクリックします。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
STEP.12
[完了]をクリックします。
STEP.13
[パスワード]に、UNIXパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
STEP.14
[ツール]メニューの[プロパティ]をクリックして、プロパティを開きます。
STEP.15
[送信]タブをクリックして、[ポート番号]を[587]に変更し、[OK]をクリックします。
STEP.16
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
任意のファイル名を入力して、[開く]をクリックします。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

Winbiff の設定(POP over SSLを使う場合)

WinbiffでPOPをSSL対応にしたメール受信の設定をします。

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
 「受信」タブを選択し、「SSLを使う」にチェックを入れます。
 サーバ名を「収容メールサーバ名」に変更します。
 ※収容メールサーバ名はコントロールパネルから確認出来ます。 ポート番号が「995」になっている事を確認します。
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

Winbiff の設定(SMTPのSSL対応設定)

WinbiffでSMTPをSSL対応にしたメール送信の設定をします。

STEP.1
△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
 「SMTPサーバ名」を「smtp1.inetd.co.jp」に変更します。
 (激安プランのお客様は「smtp2.inetd.co.jp」です。)

 「SSLを使う」にチェックを入れます。
 ポート番号が「465」に変わる事を確認します。

△前のSTEPへ ▽次のSTEPへ
ホーム △前のページ ▲ページ上部へ戻る

ホーム > 各種マニュアル | サポート > Winbiff

パスワードを忘れててしまった場合の回答はこちら
メールが送受信できない場合の回答はこちら
公開したホームページが見れない、公開できない場合の回答はこちら
サイト内検索

▲ このページトップへ