#contents

*Redmine 4.0.5のインストール [#g7e0a23a]
下記環境でのRedmine 4.0.5の使用例です。
Redmine 4.0.5についての技術サポートは行っておりません。
開発方法については各種専門書籍やウェブサイトなどをご参照下さい。
|UNIXアカウント名|ex1200|
|ドメイン|example.que.jp|
|ホームディレクトリ|/home/22/ex1200/|
|コンテンツディレクトリ|/home/22/ex1200/example.que.jp|
|シェル|/bin/bash|
+公式からパッケージredmine-4.0.5.tar.gzを入手してホームディレクトリに設置する
+展開する
 # pwd
 /home/22/ex1200
 # tar tzf redmine-4.0.5.tar.gz
 # rm redmine-4.0.5.tar.gz

+展開したディレクトリに移動する
 # cd redmine-4.0.5
+config/database.ymlを作成する
 # cp config/database.yml.example config/database.yml
 # vi config/database.yml
 (MySQLデータベース情報などを記述する)
+次のコマンドを実行する
 # bundle install --without development test --path vendor/bundle
 # bundle exec rake generate_secret_token
 # RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
 # RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data
+Webのコンテンツディレクトリにpublicへのシンボリックリンクを作る
 # cd /home/22/ex1200/example.que.jp
 # ln -s /home/22/ex1200/redmine-3.2.1/public redmine
 # ln -s /home/22/ex1200/redmine-4.0.5/public redmine
+ホームディレクトリに.passenger.cfというファイルを作成して次のような内容を記述して下さい。
--1分間隔で.passenger.cfのチェックが行われ、サーバ上の設定ファイルに設定が反映されます。&br;設定から1分以上経過後にアクセスしてご確認下さい。
  [URL http://example.que.ne.jp/redmine]
    PassengerAppRoot /home/22/ex1200/redmine-3.2.1
    PassengerAppRoot /home/22/ex1200/redmine-4.0.5
    PassengerAppEnv production 
+ブラウザで/redmine/にアクセスしてページが表示されれば完了です。