#contents
*Ruby on railsのご利用方法 [#te53bb4f]
下記環境でのRuby on railsの使用例です。
※ RubyやRuby on railsについての技術サポートは行っておりません。
開発方法については各種専門書籍やウェブサイトなどをご参照下さい。

|UNIXアカウント名|ex1200|
|ドメイン|example.que.jp|
|ホームディレクトリ|/home/22/ex1200/|
|コンテンツディレクトリ|/home/22/ex1200/example.que.ne.jp|
|アプリケーションを設置するディレクトリ|/home/22/ex1200/rails_sample|
|WebでアクセスするURL|http://example.que.ne.jp/rails/|

テキストエディタで作業する場面が何か所がありますが、ここではviを使用します。~
+環境変数RB_USER_INSTALLをtrueに設定して下さい。
 sh/bashの例
 [ex1200@exp ~]$ export RB_USER_INSTALL=true
 
 cshの例)
 ex1200@que% setenv RB_USER_INSTALL true
+ホームディレクトリにアプリケーションの設置ディレクトリを作成して、初期化します。
 ex1200@que% mkdir rails_sample
 ex1200@que% cd rails_sample
 ex1200@que% bundle init
+同ディレクトリ内にGemfileが作成されるので、テキストエディタで編集してコメントアウトを外します。
 ex1200@que% vi Gemfile
   下記のコメントアウトを外します。
   # gem "rails"
      ↓
   gem "rails"
+ライブラリをインストールします。
 ex1200@que% bundle install --path vendor/bundle
+スケルトンを作成します。途中Gemfileの上書きについて確認されるのでYを選びます。
 ex1200@que% bundle exec rails new .
        exist
       create  README.rdoc
       create  Rakefile
       create  config.ru
       create  .gitignore
     conflict  Gemfile
 Overwrite /home/22/ex1200/rails_sample/Gemfile? (enter "h" for help) [Ynaqdh] Y
+bundle updateを実行して下さい。
 ex1200@que% bundle update
+コントローラを作成します。
 ex1200@que% bundle exec rails generate controller Sample index
+同ディレクトリにあるpublicディレクトリに移動し、RailsBaseURIとRailsEnvの設定を書いた.htaccessをテキストエディタで作成します。
 ex1200@que% cd public/
 ex1200@que% vi .htaccess
   下記の内容を記入します。
     RailsBaseURI /rails
     RailsEnv development
+コンテンツディレクトリに移動し、publicディレクトリへのシンボリックリンクを張ります。~
 ex1200@que% cd /home/22/ex1200/example.que.jp
 ex1200@que% ln -s /home/22/ex1200/rails_sample/public rails
+ホームディレクトリに.passenger.cfというファイルを作成して次のような内容を記述して下さい。
--1分間隔で.passenger.cfのチェックが行われ、サーバ上の設定ファイルに設定が反映されます。~設定から1分以上経過後にアクセスしてご確認下さい。
  [URL http://example.que.ne.jp/rails]
    PassengerAppEnv development
+以上で初期設定は完了です。ウェブから次のアドレスにアクセスすると初期ページが表示されます。
 http://example.que.ne.jp/rails/
またアプリケーションのインデックスページのアドレスは下記となります。
 http://example.que.ne.jp/rails/sample/index
 
 ※ 初期ページのAbout your application’s environmentが表示されない場合は
    config/routes.rbを編集して次の1行を加えて下さい。
      get '/info/properties' => "rails/info#properties"
+この後はアプリケーションの開発等をご自由に行って下さい。~


*PassengerBaseURI(RailsBaseURI)などの設定について [#x9b745f9]
Passengerのバージョンアップにより、PassengerBaseURI(RailsBaseURI)などのパラメータが.htaccessで設定できなくなりました。
このため次のような手順で設定して頂きますようお願いいたします。
+次のような設定例を仮定します。
--環境
|UNIXアカウント名|ex1200|
|ドメイン|example.que.jp|
|ホームディレクトリ|/home/22/ex1200/|
|コンテンツディレクトリ|/home/22/ex1200/example.que.ne.jp|
|アプリケーションを設置するディレクトリ|/home/22/ex1200/rails_sample|
|WebでアクセスするURL| http://example.que.ne.jp/rails/|
--従来.htaccessで設定していた内容
 RailsBaseURI /rails
 RailsEnv development
+ホームディレクトリに.passenger.cfというファイルを作成して次のような内容を記述して下さい。
  [URL http://example.que.ne.jp/rails]
    PassengerAppEnv development
+1分間隔で.passenger.cfのチェックが行われ、サーバ上の設定ファイルに設定が反映されます。~設定から1分以上経過後にアクセスしてご確認下さい。