ホーム > Webalizer設定CGI


Webalizer設定CGI



ログ解析アプリケーションのWebalizerをInetdホスティングサービスで簡単に設定・利用できるCGIです。

画面例

ご利用条件

ご契約情報が次のようになっているものとして解説いたします。


  • 弊社ホスティングサービスをご利用のお客様

  • CGIの無断配布や改編・転載はお断り致します。

※ Webalizerの使用方法等はサポート外とさせていただいております。
    より詳細な設定、及び使用方法等は各種Webサイトや参考書籍等をご参照下さい。
※ 上記CGIを使用せず、ご自身でWebalizerを設定・利用したいお客様はこちらをご参照下さい。



1. CGIファイルをダウンロードします

こちらからCGIファイルをダウンロードしてください。

(右クリックなどで「対象をファイルに保存」して下さい。)

拡張子にtxt等がついていましたら、削除し、「webalizer_setting_i.cgi」というファイル名に変更して下さい。

2. Webコンテンツディレクトリにログ解析用のディレクトリを作成します

 
例:http://example.jp/usage/ とする場合は
 
   /home/00/ext0000/example.jp/usage/
のようになります。

3. 上記ディレクトリの中に、「webalizer_setting_i.cgi」をアップロードします

例:http://example.jp/usage/webalizer_setting_i.cgi とする場合は
 
/home/00/ext0000/example.jp/usage/webalizer_setting_i.cgi
 
のようになります。

webalizer_setting_i.cgiのパーミッションを755に変更します。

4. ブラウザで上記CGIにアクセスします

上記の例ですと、URLは http://example.jp/usage/webalizer_setting_i.cgi となります。

後は画面の指示に従っていくだけで設定・利用をする事が出来ます。



◎ 以上で設置は完了です。


Webalizerによるアクセス解析が不要になった場合

本CGIのパーミッションを755に戻し、再度ブラウザでCGIにアクセスします。

「スケジュール実行停止」ボタンをクリックする事で、webalizerの自動実行が削除されます。

その後、FTP等でログ解析用のディレクトリ毎削除すればアンインストールする事が出来ます。



上記CGIの動作に関するご質問はコントロールパネルより、設置URLと合わせてサポートデスクまでご連絡下さい。

ホーム > Webalizer設定CGI

パスワードを忘れててしまった場合の回答はこちら
メールが送受信できない場合の回答はこちら
公開したホームページが見れない、公開できない場合の回答はこちら
サイト内検索

▲ このページトップへ